Democracy and Mass Society ―A Japanese Debate―

【日本語タイトル】デモクラシーと大衆社会 ―日本における論争

Yamada2006.jpg  山田竜作 著

  A5判・上製・450頁
  定価5,040円(本体4,800円+税)

  ISBN978-4-8205-2100-6
  2006年2月

  →ご注文

 

松下圭一の政治理論は、言及されることのみ多くして、その全体像は十分に理解されていない。本書は、戦後日本の「大衆社会論争」における言説の分析を中心に、日本の独自の政治理論である松下政治学を英米圏に向けて発信する労作。

 

 

【目次】

Part T: Theory and History

1. Introduction: The Understanding of Mass Democracy in Japan
 1.1 Matters of Subject
 1.2 Meanings of Some Japanese Key Words

2. European and American Theories of Mass Society
 2.1 Ideas of “Mass” and “Mass Society”
 2.2 Points of the Discussion on Mass Society
 2.3 American Critiques of Mass Society Theories

3. The Historical and Intellectual Context of Post-war Japan
 3.1 Mass Movements and the Confrontation
    between Hoshu and Kakushin
 3.2 Marxism and Social Science in Japan
 3.4 Effects of the de-Stalinization
 3.5 “Modern Politics” and Mass Society Theory

Part U : The “Debate on Mass Society”

4. Keiichi Matsushita's Theory of Mass Society
 4.1 Matsushita's Conception of Mass Society Theory
 4.2 Matsushita's Understanding of “Civic Political Theory”
 4.3 Matsushita's Stance on “Modernism” and Socialism in Japan

5. The “Debate”
 5.1 Several Responses to Mass Society Theory
 5.2  “Debate”T: Shingo Shibata versus Matsushita
 5.3  “Debate”U: Koichiro Ueda versus Matsushita
 5.4 Non-Marxists' Comments on the “Debate”
 5.5 The After-effects of the “Debate”

6. After the “Debate”: Mass or Citizen?
 6.1 From “Mass” to “Citizen”
 6.2 Matsushita's Arguments in the 1960s and After
 6.3 Return of Mass Society Arguments in the 1980s

Part V : Summary and Assessment

7. Evaluation of Matsushita’s Mass Society Theory
  in Relation to Contemporary Democratic Theory
 7.1 Systematic Theory of mass Society
 7.2 Affinity with Contemporary Democratic Theories
 7.3 Japanese Arguments about Democracy Today

References and Bibliography
Index

 

【著者略歴】

山田 竜作 (やまだ りゅうさく)

1967年 福島県いわき市生まれ
1989年 日本大学国際関係学部国際関係学科卒業
1992年 日本大学大学院国際関係研究科修士課程修了
1994年 日本大学法学研究科博士後期課程退学
2003年 英国シェフィールド大学大学院Ph.D.コース修了
八戸大学商学部専任講師、日本大学国際関係学部専任講師を経て、
現在、日本大学国際関係学部助教授、Ph.D.(政治理論)
専攻 政治理論、政治思想史

著書:
『現代政治へのアプローチ[増補版]』(共著)北樹出版(1998)
『ニュー・ポリティクスの政治学』(共著)ミネルヴァ書房(2000)
『大衆社会とデモクラシー―大衆・階級・市民』風行社(2004)
『政治変容のパースぺクティブ』(共著)ミネルヴァ書房(2005)

訳書:
T.スミス 『権利の限界と政治的自由』(共訳)サンワコーポレーション(1997)
C.ムフ 『政治的なるものの再興』(共訳)日本経済評論社(1998)
D.ヘルド 『デモクラシーと世界秩序―地球市民の政治学』(共訳)NTT出版(2002)
M.ケニー 『アイデンティティの政治学』(共訳)日本経済評論社(2005)