フランス公衆衛生史 ―19世紀パリの疫病と住環境―

Omori2014.jpg  大森弘喜 著

  A5判・上製・624頁
  定価(本体9,200円+税)

  ISBN978-4-284-10413-5
  2014年5月

  →ご注文

19世紀半ば、「世界一美しく衛生的な首都」に変貌したパリの実態とは――

現代日本人の主たる関心の1つは「健康」であるが、1世紀前のヨーロッパでは、疫病への反応として「衛生」が社会の関心事であった。本書では、19世紀フランスの都市住環境の劣悪さ、そこにおけるスラムの形成、コレラ・結核・腸チフスなどの疫病、その被害が集中した貧民街の生活環境を、パリについて観察する。また、例外的に高い死亡率を記録し続けたフランスの結核や、公衆衛生の改善と深く関連する水回り事情に関しては、とくに詳細に検討する。伝染病と貧困、インフラ整備と階級性などを広く論じる本書は、公衆衛史研究の穴を埋めるだけでなく、社会福祉・経済学・西洋思想史においても示唆に富むものとなっている。

 

→目次・著者略歴

ハプスブルク軍政国境の社会史 ―自由農民にして兵士―

Koshimura2013.jpg  カール・カーザー 著
  越村 勲・戸谷 浩 編訳

  A5判・上製・452頁
  定価(本体6,800円+税)

  ISBN978-4-284-10398-5
  2013年11月

  →ご注文  →書評・紹介記事

ハプスブルク軍政国境は、16〜19世紀にオスマン帝国との境界域に築かれた防衛線である。現在のクロアチアからセルビア、ルーマニアへと延びる長大な地帯だった。本書は、その要をなしたクロアチアを中心に、これまでの軍事・政治史分析では見落とされていた社会制度、経済、文化などを詳細に分析したカール・カーザーの FREIER BAUER UND SOLDAT を、丹念に翻訳したものである。歴史家カーザーは、ラテン語、ドイツ語、クロアチア語などの膨大な史資料を駆使して、軍政国境の「農民にして兵士」に光をあてる。「アジア史」と「ヨーロッパ史」の接点として重要な地域性を詳細に分析する、社会史研究に大きな足跡を残す労作である。

 

→目次・著者略歴・編訳者略歴

日本占領と宗教改革

Okazaki2012.jpg  岡ア匡史 著

  A5判・上製・456頁
  定価(本体5,800円+税)

  ISBN978-4-284-10365-7
  2012年7月

  →ご注文   品切 

2013年 第29回 大平正芳記念賞特別賞 受賞
2013年 国際文化表現学会学会賞 受賞

*推薦* 西 鋭夫 (スタンフォード大学フーヴァー研究所 研究教授)

占領下日本で繰り広げられた神道とキリスト教の相克を、壮大な世界観と緻密な調査で描いた大著!

マッカーサー元帥は、なぜ日本のキリスト教化に失敗したのか。昭和天皇のキリスト教への改宗はあり得たのか。「人間宣言」の本来の意図とは。「神道指令」に隠されていた意義とは。米国の対日占領政策によって「日本帝国」が平和的な民主主義国家へ変貌を遂げていく姿を明らかにし、レジーム・チェンジ(Regime Change)に関する言及を通じて、互いに違いを認めて共存することができる「人間の安全保障」のあり方を模索する。

 

→目次・著者略歴・推薦

韓国・朝鮮社会文化史と東アジア

Hiraki2011.jpg  平木 實 著

  A5判・上製・392頁
  定価5,670円(本体5,400円+税)

  ISBN978-4-284-10332-9
  2011年10月

   →ご注文

日本・中国を含む東アジア史的な視点から未開拓の分野に挑んだ韓国・朝鮮社会文化史論集!

韓国・朝鮮は、日本と地理的に近く、複雑で長い結びつきをもっているにもかかわらず、その社会文化的な側面は明らかにされていない部分が少なくない。本書は、朝鮮の王朝時代のみならず、高麗時代、韓国の近現代にも目を向け、19世紀初頭まで朝鮮半島に棲息していた虎をめぐる政治、親睦儀礼である投壺、親族に対する連坐・縁坐制、宗教の影響などについて、稀有な資料に基づき考察する。

 

→目次・著者略歴

清代ハルハ・モンゴルの都市に関する研究
―18世紀末から19世紀半ばのフレーを例に―

Sato2009.jpg  佐藤憲行 著

  A5判・上製・420頁
  定価6,875円(本体6,500円+税)

  ISBN978-4-284-10207-0
  2009年11月

  →ご注文

 

これまで積極的には利用されてこなかった、モンゴル国立民族公文書館所蔵の一次史料を幅広く利用した、清代ハルハ・モンゴル社会の内在的理解への試み。清代ハルハ・モンゴル最大の仏教寺院フレー(現在のウランバートル市)をモンゴル人と漢人からなるハイブリッドな都市として捉え、その形成、存立基盤を伝統的生産形態である遊牧生産からではなく、清朝の統治下、漢人の活動を制限する「封禁政策」が敷かれた当時の社会背景に即して実証的に検討。封禁政策に対する理解の見直しを提起する。

 

→目次・著者略歴

ラテンアメリカ農地改革論

Ishii2008.jpg  石井 章 著

  A5判・上製・408頁
  定価5,670円(本体5,400円+税)

  ISBN978-4-284-10130-1

  2008年11月

  →ご注文

 

ラテンアメリカは一般に社会経済的格差が甚だしいことで知られるが、そうした格差を生み出す要因の1つとして土地所有の不均衡が指摘される。これを是正するために、いくつかの国で農地改革が実施された。本書は、農地改革で導入されたメキシコ独特の土地制度・農村社会の一単位である「エヒード」、ペルー農村部の社会経済的・文化的特質と農地改革との関係性、1980年代の中米地域紛争の根本的な要因の1つとして農業問題など、具体的な事例を検証することを通じて、ラテンアメリカの農地改革全体の本質を分析・考察する。

 

→目次・著者略歴

平和を求めて ―戦中派は訴える―

Hino2007.jpg  日野資純 著

  A5判・並製・296頁
  定価3,780円(本体3,600円+税)

  ISBN978-4-284-00059-8
  2007年4月

  →ご注文   →書評・紹介記事

現代の社会は、一見平和のようでも戦前への回帰や右傾化が進んでいる。戦中に空襲を受けて死に直面した著者が、戦中の思想や教育上の問題点を反省し、今後も平和憲法を基礎として個人の尊厳や言論の自由を守り抜くことの重要性を多様な実例によって訴える。

 

→目次・著者略歴

日本の朝鮮統治 ―「一視同仁」の建前と実相―

Suzuki2006.jpg  鈴木譲二 著 

  A5判・上製・280頁
  定価5,040円(本体4,800円+税)

  ISBN978-4-8205-4105-9
  2006年4月

  →ご注文

 

日本は朝鮮を「一視同仁」の理念で統治したといわれる。ただ実態は大きく異なる。本書は豊富な第一次資料と統計資料を整理分析して、日本統治下朝鮮の実相を明らかにした、全く新しい視点で捉えた日本の朝鮮統治論である。

 

→目次・著者略歴

清沢 洌 ―その多元主義と平和思想の形成

Yamamoto2006.jpg  山本義彦 著

  A5判・上製・324頁
  定価4,830円(本体4,600円+税)

  ISBN978-4-8205-2153-2
  2006年2月

  →ご注文

 

清沢洌(1890〜1945)は、アメリカ経験をもとに戦時下平和を願い、戦後体制を構想した稀有な自由主義者であり、教育の自由と付和雷同に流れる日本世論とジャーナリズムに対して最も厳しい批判とその克服を希求し展望した。清沢の論評は21世紀の今日にまさに有効・適切な視座を提供する。

 

→目次・著者略歴

中国人の日本語学習史 ―清末の東文学堂―

Ryu2005.jpg  劉 建雲 著

  A5判・上製・300頁
  定価3,780円(本体3,600円+税)

  ISBN978-4-8205-9338-6
  2005年11月

  →ご注文  →書評・紹介記事

日清戦争後、中国に史上初の日本語学習ブームが現れた。その実態を初めて明らかにしたのが本書である。激動の国際情勢の中で、日本語学習の場となった「東文学堂」を舞台に、日中関係の時代劇が繰り広げられる。

 

→目次・著者略歴