鶴見祐輔著作集

TsurumiYusuke.jpg  全8巻・A5判・上製・総2,000頁
  定価98,700円(本体94,000円+税)

  ISBN978-4-284-10298-8
  2010年10月

  →パンフレットPDF
  →ご注文

 

新渡戸稲造の後継者と目され、太平洋を越えて活躍した鶴見祐輔。スケールの大きな発想、雄渾かつ自在な文章により、敗戦後に多くの日本人を勇気づけた、貴重な回想と提言をふたたび。戦前期の代表的な知米派自由主義者、鶴見祐輔が戦後に著した随想集を復刻!

久布白落実著作集

KubushiroOchimi.jpg  【解説】 高橋喜久江
  (日本キリスト教婦人矯風会・売買春問題ととりくむ会)

  全6巻・A5判・上製・総2,500頁
  定価88,200円(本体84,000円+税)

  ISBN978-4-284-10200-1
  2009年10月 

  →ご注文

  • 徳富蘇峰・蘆花の姪として生まれ、独立独歩の伝道を志す牧師の父のもとで育ち、明治から戦後まで、終生、信念と愛をもって生きた久布白落実。公娼制度の廃止をはじめ、性と社会の問題に取り組んだ、その生涯をたどる初の著作集。
  • 自伝の傑作として知られる『廃娼ひとすじ』を収録。
  • 婦人参政権関連論文や、戦後の性教育における貴重な文献である『純潔教育はなぜ必要か』など、公的な活動に関する資料を収録。
  • 折々の信仰を綴った文章を晩年に集成した『日日(ひび)の食物』を収録。久布白落実の並外れた行動力を支えた内面にも目を向けた巻構成。
→底本および各巻内容

神近市子著作集

KamichikaIchiko.jpg  【解題・年譜】 杉山秀子 (駒澤大学教授) 

  全6巻・A5判・上製・総1,950頁
  定価75,600円(本体72,000円+税)

  ISBN978-4-284-10167-7
  2008年12月

  →ご注文

 

  •  婦人運動家、翻訳家、小説家、そして戦後、女性解放運動、人権・平和擁護運動に活躍した神近市子(明治21年〜昭和56年)の主要著作を集成・復刻。初の著作集。波乱に富んだ神近の全貌に迫る!
  • アナーキスト・大杉栄刃傷事件を綴った『引かれものの唄』、自伝的短編小説集『村の反逆者』ロシア、東欧における女性解放・フェミニズムに影響を与えたチェルヌイシェフスキー作『何を為すべきか』(神近訳)、古代から近代にいたる女性思想を論じた『女性思想史』、そして、『神近市子自伝 わが愛わが闘い』、以上5点を収録。
  • 第6巻巻末に、杉山秀子による解題と年譜を付す。
→底本および各巻内容

安部磯雄著作集

Abe.jpg  【解題・年譜】 山泉 進 (明治大学教授)

  全6巻・A5判・上製・総2,590頁
  定価78,750円(本体75000円+税)

  ISBN978-4-284-10111-0
  2008年2月

  →ご注文

 

  • 日本社会主義の父とよばれた安部磯雄(1865〜1949)の主要著作(単行本)を厳選・復刻。初の著作集。
  • 社会主義論・キリスト教思想論・都市問題・婦人問題・人口問題・スポーツ論・青年論といった多岐に亘る安部の著作の中から、各分野を代表する著作を収録。処女作『社会問題解釈法』、都市問題に取り組んだ代表作『都市独占事業論』、安部の人生論・幸福論をまとめた『自修論』、家庭の理想的な在り方についての『子供本位の家庭』、人口問題の視点から論じた『産児制限論』、無産政党運動を論じた『次の時代』、出生から独逸留学までの自叙伝『社会主義者となるまで』の7点を収録。
  • 第7巻巻末に、安部磯雄研究に長年携わってきた山泉進による収録著作の解題と年譜を付す。
→底本および巻構成

桐生悠々著作集

Kiryu.jpg  【解題・年譜】 太田雅夫 (元 桃山学院大学教育研究所所長)

  全6巻・A5判・上製・総2,500頁
  定価78,750円(本体75000円+税)

  ISBN978-4-284-00088-8
  2007年12月

  →ご注文

 

  • 反軍・反骨、そして戦時下抵抗のジャーナリスト、桐生悠々の主要作を集成・復刻。初の著作集。
  • 朝日新聞・信濃毎日新聞などに連載された記事をまとめた『べらんめえ』、新愛知新聞に連載された記事をまとめた『緩急車』をはじめ、信毎を追われるきっかけとなった「関東防空大演習を嗤う」を収録した『畜生道の地球』まで、主要8点を収録。
  • 第6巻巻末に、桐生悠々研究の第一人者、太田雅夫(元 桃山学院大学教育研究所 所長)による解題と年譜を付す。
→底本および巻構成

山田わか著作集

Yamada.jpg  【解題・年譜】 林 千代 (前 文京学院大学教授)

  全6巻・A5判・上製・総2,300頁
  定価71,400円(本体68,000円+税)

  ISBN978-4-284-00081-9
  2007年11月

  →ご注文

 

  • 大正から昭和戦後初期にかけて婦人運動・母性保護運動・社会事業に生きた山田わか(明治12年〜昭和32年)の10数点におよぶ著作(単行本)の中から、重要著作を集成・復刻。没後50年にしてなる初の著作集。
  • 第一評論集の『女、人、母』、主に恋愛・労働・母性・教育を論じた第二評論『恋愛の社会的意義』、母性中心の婦人論を展開した『現代婦人の思想とその生活』、昭和2年に刊行された『昭和婦人読本』処女篇と家庭篇を編集し直して1冊にまとめた(「序」より)『新輯女性読本』、ほか2点を収録。
  • 第6巻巻末に林 千代(前 文京学院大学教授)による解題と年譜を付す。
→底本および巻構成

山高しげり著作集

Yamataka.jpg  【解題・年譜】 八木博子 (山高しげり 元秘書)

  全5巻・A5判・上製・総1,770頁
  定価58,800円(本体56,000円+税)

  ISBN978-4-284-00075-8
  2007年10月

  →ご注文

 

  • 婦人運動・母子福祉運動に活躍した山高しげり(明治32年〜昭和52年) 、初の著作集。山高の著作(金子しげり含む)の中から、重要作品を選定し、復刻・集成。
  • 明治から昭和初期の婦人運動を概括した『婦人運動の知識』、戦前・戦後の母子福祉を論じた『母子福祉四十年』、東京都地域婦人団体連盟(都地婦連)の機関紙『婦人時報』に連載された随想をまとめた『婦人運動 おりおり草』ほかを収録。
  • 第5巻巻末に、山高しげり秘書であった八木博子の解題と解説を付す。
→底本および巻構成