子ども虐待対応のための教育訓練実践モデル
―修正デザイン・アンド・ディベロップメント(M-D&D)を用いて―

Hara2014.jpg  原 佳央理

  A5判・上製・216頁
  定価(本体4,800円+税) 

  ISBN978-4-284-10418-0
  2014年12月

  →ご注文

児童福祉司の教育訓練に関する問題解決をめざす!

虐待ケースに最前線で対応しているのは児童相談所の児童福祉司であるが、虐待ケースに対応できる教育訓練の機会が、彼らに十分に与えられているとはいいがたい。研修の実施状況は、自治体間の格差が大きいといわれている。本書は、児童福祉司の教育訓練の選択肢のひとつとして、効率的に学習可能なICT教材を研究開発し、その手順と成果を詳述している。子ども虐待の分野のみならず、社会福祉援助者育成における実践モデル開発においても示唆に富む1冊!

 

→目次・著者略歴

小学校初任教師の成長・発達を支える新しい育成論

Goto2014.jpg

  後藤郁子 著

  A5判・上製・248頁
  定価(本体4,200円+税)

  ISBN978-4-284-10416-6
  2014年10月

  →ご注文

元公立小学校教師が、独自の実践的研究から構築した新しい教師育成論!

矛盾と不合理に満ちた現在の閉塞状況を突破するというエンゲストロームの拡張的学習の理論を参考に、小学校初任教師の成長・発達の契機から捉えた新しい育成論の構築を目指す。教師の成長・発達には、指導の主体者としての実践と探究的学習が不可欠だという筆者の主張から、今求められている新しい育成の在り方が見えてくる。学習指導、学級集団把握、児童理解等で悩んでいる初任教師や教師志望の大学生、および学校現場の管理職や教員養成に携わる先生方に贈る1冊!

 

→目次・著者略歴

近代日本算術教育史 ―子どもの「生活」と「主体性」をめぐって―

Sakurai2014.jpg  桜井恵子 著

  A5判・上製・216頁
  定価(本体4,600円+税)

  ISBN978-4-284-10414-2
  2014年7月

  →ご注文  →書評・図書紹介

子どもの「生活」に即し「主体性」を育てる教育を、深く問い直す!

現在進行している教育改革の特徴の1つに、子どもの「生活」と「主体性」を重視する考え方がある。これに対して、ゆとり教育論争の際、「定型的な知識」の教育の軽視、学力階層差の拡大といった批判が提起されたが、明確な結論が出ぬまま改革は進行している。本書では、この議論を深化させるため、国の教育政策の実験校であった東京高等師範学校附属小学校を事例として、大正期の算術改革運動で主張された、子どもの「生活」と「主体性」を尊重する教育方法の姿を、より批判的に検討する。

 

→目次・著者略歴

戦後教育改革期における現職研修の成立過程

Sato2013.jpg  佐藤幹男 著

  A5判・上製・212頁
  定価(本体3,800円+税)

  ISBN978-4-284-10401-2
  2013年12月
  →ご注文  →書評・紹介記事

戦後スタートした新しい現職研修の歴史的展開を検討する!

敗戦後の占領下、教員の再教育がどのような方法で実施されたのか、欧米での教育の重要性に関する認識が当時の日本の学制にどのように適用されたのか、「現職教育」や「研修」といった用語がいかなるプロセスを経て定着していったのかなど、戦後教育改革期における現職研修の成立過程の解明を試みる。過去の制度や構想の回視は、今日の教育改革論に有用なヒントを与えることができるであろう。

 

→目次・著者略歴

大学への文章学 ―コミュニケーション手段としてのレポート・小論文―

Watanabe2013.jpg  渡辺 哲司 著

  四六判・並製・188頁
  定価(本体1,600円+税)

  ISBN978-4-284-10396-1
  2013年5月

  →ご注文  →書評・紹介記事

レポート・小論文=コミュニケーション手段?! 「書けない問題」を自由に、広く、深く探究した意欲的な1冊!

レポートあるいは小論文をうまく書けないことは,今日,高校生から大学生へと移行しつつある人たちにとって学習上の一大問題である。本書では,その問題の実態や本質,原因やメカニズム,解決策などを,[コミュニケーション]というキーワードのもとで自由に,広く,深く探究した。いわゆる高大接続を真剣に考える教師たち,大学での学習に興味・不安や現実の困難を抱えている生徒・学生たち,そして日本の言語技術教育を憂える一般の人々に贈る。『「書くのが苦手」をみきわめる』(2010年)の続編。

 

→目次・著者略歴

保育者のための障害児療育―理論と実践をつなぐ― 改訂版

Kobayashi2013.jpg  小林保子・立松英子 著

  A5判・並製・188頁
  定価(本体1,900円+税)

  ISBN978-4-284-10394-7
  2013年3月  

  →ご注文

「障害児虐待防止法」の成立、障害児教育や介護福祉における医療的ケアの変容に伴い、改訂! これからの障害児療育のあり方を探る理論と実践の書!

保育に求められる理論・知識や療育の見方・考え方から、福祉・医療制度や支援の実際、実践スキルや現場で得られた知見まで、平易な表現と具体例でわかりやすく解説。2012年に公布された「障害者総合支援法」にふれながら、最新の特別支援教育の動向、知的障害・自閉症・肢体不自由を伴う子どもの特性、教材教具を用いた指導や運動遊びによるアプローチ、保護者支援についても言及。保育の世界をめざす学生だけでなく、現場保育者にも有用な1冊!

 

→目次・著者略歴

重い精神障害のある人への包括型地域生活支援
―アウトリーチ活動の理念とスキル―

Mishina2013.jpg  三品桂子 著

  A5判・上製・608頁
  定価(本体6,800円+税)

  ISBN978-4-284-10382-4
  2013年3月 

  →ご注文

 

ストレス脆弱性モデルからストレングス・レジリアンスモデルへの転換を目指して――

重い精神障害のある人の地域生活を、アウトリーチという手法を用いて、24時間・365日リカバリー志向で支援する「包括型地域生活支援プログラム」(Assertive Community Treatment:ACT)の実践スキルを、イギリス・アメリカ・日本での調査に基づき体系化する。日本初の民間ACTチームの理事長であり、日本で最も精神科病床数の多い鹿児島県で精神障害者アウトリーチ推進事業に取り組む支援チームのコンサルタントでもある筆者が、日本の専門職のスキルアップと精神保健福祉システムの変革を試みる。

 

→目次・著者略歴

公立学校の教員人事システム

Kawakami2013.jpg  川上泰彦 著

  A5判・上製・304頁
  定価(本体4,800円+税)

  ISBN978-4-284-10383-1
  2013年2月

  →ご注文  →書評・紹介記事

2013年 日本教育経営学会学術研究賞 受賞

公立学校における教員人事の構造を分析した初の研究書!

教員人事行政は自治体によって多様な運用が行われており、組織活動にも教員の労働意欲や能力形成にも大きな影響を及ぼしているが、その全体像が把握されることはなかった。そこで本書では、教員人事行政の持つ「多様性」に着目し、「どう多様なのか」「何に規定されているのか」「何に影響するのか」以上3つの問いに対して、全国的な学術調査の分析・考察を通じて、その答えを導き出す。また、公立学校教員の人事権をめぐる政策議論を行ううえでも、不可欠な知見を提示する。

 

→目次・著者略歴

アメリカ教育改革の最前線 ―頂点への競争―

Kitano2012.jpg  北野秋男・吉良 直・大桃敏行 編

  A5判・上製・288頁
  定価(本体3,800円+税)

  ISBN978-4-284-10371-8
  2012年10月

  →ご注文

*推薦* 藤田英典
(共栄大学教育学部長/日本教育学会会長/東京大学名誉教授)

アメリカ教育改革の変遷と最新情勢・課題を浮き彫りにする待望の書!

アメリカでは、学力向上と格差是正を目指し、教育成果に対して厳しいアカウンタビリティを求める改革が推進されてきた。本書は、1960年代以降の連邦教育政策の歴史的展開をふまえ、近年のテスト政策、教員政策、トップダウン型の改革への対抗の動きをはじめとする教育改革に焦点を当て、その動向を明らかにする。また、アメリカにおける教育改革の意義や課題の解明を通じて、類似の改革が見られる日本の教育を考察するうえで必須の知見を提供する。

 

→目次・編者略歴・推薦

ドゥルーズ=ガタリのシステム論と教育学 ―発達・生成・再生―

Morita2012.jpg  森田裕之 著

  四六判・上製・244頁
  定価(本体3,200円+税)

  ISBN978-4-284-10372-5
  2012年10月

  →ご注文  →書評・紹介記事

 ドゥルーズ=ガタリの議論を教育学の問題圏に引きよせて論じる初の研究書!

「ヘーゲルの弁証法」を思想的起源とする「発達(=人間化)」を基本概念としてきた従来の教育学の問題点を指摘した上で、ドゥルーズ=ガタリのシステム論を教育学的視座から創造的に再構築することで教育を再定義する。自然と社会を統一的に説明できる理論として再構築されたこのシステム理論は、「発達」「生成(=超人間化)」「再生(=脱人間化)」の諸概念を織り込み、またその絡み合いのもとで、教育は全く新しい顔貌を見せ、教育のあり方の問い直しを迫る。

 

→目次・著者略歴