名作英米小説の読み方・楽しみ方

Hiraide2014.jpg  平出昌嗣 著

  A5判・並製・264頁
  定価(本体2,800円+税)

  ISBN978-4-284-10410-4
  2014年2月

  →ご注文

英米小説のさまざまな世界・人生を知ることで、心が豊かになる1冊!

本書は文学の入門書として、英米小説の多様なおもしろさを紹介し、文学に親しむ喜び、文学を読み解く楽しさを伝える。最初に英米小説の違いを概観したあと、英米の代表的な作品を10編ずつ選び、その概要と解釈を通して作品のおもしろさを浮き彫りにする。イギリス小説からは『トリストラム・シャンディ』『デイヴィッド・コパフィールド』『虹』『一九八四年』、アメリカ小説からは『緋文字』『日はまた昇る』『八月の光』『ライ麦畑でつかまえて』など、芸術作品としての価値が高く、かつ時間の試練を経て今日でもよく読まれているものを年代順に扱う。

→目次・著者略歴

Popの交錯する地勢 ―アメリカ/ウォーホルと沖縄のポップ文化誌―

Yamashiro2013.jpg  山城雅江 著

  A5判・上製・448頁
  定価5,880円(本体5,600円+税)

  ISBN978-4-284-10395-4
  2013年5月

  →ご注文 

 

「Pop/ポップ」という概念を通して、戦後アメリカと沖縄の政治的・文化的諸関係を考察する画期的試み。

現代アートの申し子からアメリカの文化的アイコンとなったアンディ・ウォーホルの「Pop/ポップ」という概念の探求を軸に、アメリカ研究、沖縄研究、ポスト植民地文化研究、大衆文化、美術史、哲学、文学、写真論、映画論といった諸領域を縦横無尽に横断する! アメリカの「内」と「外」で「Pop/ポップ」をめぐる地勢はどのように交錯/分裂し、(脱・再)構築されているのか――非対称でジグザグな「Pop/ポップ」の輻輳性を作図する。これまでの研究にはない独創的な枠組みや分析・解釈によって、比較文化研究に新たな地平を切り開く。

 

→目次・著者略歴

戦争のなかの詩人たち ―「荒地」のまなざし―

Miyazaki2012.jpg  宮崎真素美 著

  A5判・上製・288頁
  定価5,040円(本体4,800円+税)

  ISBN978-4-284-10370-1
  2012年9月

  →ご注文

太平洋戦時下の詩を、日本の戦後詩を牽引した「荒地」派をめぐる新資料とともに考察した最新の成果!

これまでほとんど知られてこなかった若き「荒地」派を育んだ周縁の詩人たちと詩誌、「海ゆかば」や『愛国百人一首』など古典和歌との紐帯、戦時下におびただしく発行された戦意昂揚詩集の調査などから、敗戦後までの文芸言語の様態を照らす。「荒地」派の揺籃期を支えた八王子の文化サロンを知る人々の貴重なインタビュー記録、同サロンで刊行されていた回覧誌の影印ほか、「愛知一中予科練総蹶起事件」を身近に経験した名古屋の戦時下教育を伝えるインタビューを収載。

 

→目次・著者略歴

「国文学」の戦後空間 ―大東亜共栄圏から冷戦へ―

Sasanuma2012.jpg  笹沼俊暁 著

  A5判・上製・264頁
  定価4,410円(本体4,200円+税)

  ISBN978-4-284-10367-1
  2012年9月

  →ご注文

 

第二次世界大戦以降、国文学はいかに展開したのか――その思想史的解明を目指す、著者渾身の力作!

「国文学」という学問は、第二次世界大戦の前から後へ、いかにして継続し、変貌を遂げたのか。大東亜共栄圏という戦時期日本の「世界観」が崩壊した後、冷戦下の世界情勢を背景として、「日本文学」はいかにして自らの自画像を描き、民族的アイデンティティーとその歴史を探ろうとしたのか。そこには、日本そして東アジアの戦前から戦後への政治・社会構造そのものが介在していた――。台湾・中国を主とした東アジアのスケールから、国民国家の学としての「国文学」の継続と変容を描き出す。
 

→目次・著者略歴

芥川龍之介中国題材作品と病

Kong2012.jpg  孔 月 著

  A5判・上製・232頁
  定価(本体4,200円+税)

  ISBN978-4-284-10369-5
  2012年9月

  →ご注文  →書評・紹介記事

芥川文学における新たな〈読み〉の可能性を切り開く!

芥川文学における〈病〉の問題は、芥川自身の経歴、あるいは近代的自我の問題や世紀末思潮という時代の文化的事象として帰結されてきた。しかし、中国を題材にした作品においてそれは、グローバルな視点から別の解釈をすることができる。

本書は、〈病〉の隠喩性を視野に入れながら、芥川の中国題材小説における〈病〉のありようを、作品の成立時の日中関係という大きな政治的・社会的コンテクストと結びつけ解明し、時代の中に生きる作者芥川を解読する。

 

→目次・著者略歴

近代旅行記の中のイタリア ―西洋文化移入のもう一つのかたち―

Shindo2011.jpg  真銅正宏 著

  四六判・上製・304頁
  定価2,940円(本体2,800円+税)

  ISBN978-4-284-10352-7
  2011年12月

   →ご注文  →書評・紹介記事

 

近代における日本人のイタリア体験の実態!

本書は、明治・大正・昭和戦前期にあらゆる職業や立場でイタリアに渡った日本人たちの西洋へのまなざしを、紀行文・旅行記を通じて総合的に探究したものである。イタリアは高い精神文化を持つ国であるが、多くの日本人たちは、留学ではなく観光目的でこの地を訪れた。この近代日本における西洋文化受容の非実学的特性こそが、現代に至るイタリア・イメージの原像である。また、イタリアに渡った日本人に縁のある観光スポットやホテル、旅行社やガイドなどに関する多数の資料は、近代日本が初めて触れた西洋文化を追体験させてくれるはずである。

 

→目次・著者略歴

物語の記憶 ―シェイクスピア、女性、ロビン・フッド―

Ueno2011.jpg

  上野美子 著

  A5判・上製・256頁
  定価5,040円(本体4,800円+税)

  ISBN978-4-284-10328-2
  2011年7月

  →ご注文

英国ルネサンス文学の研究者が贈る多彩な物語のタペストリー!

第T部では、『ハムレット』『リア王』、シェイクスピアの伝記を取りあげ、伝統的な研究と最前線の批評との融合を試みる。第U部では、エリザベス1世やルネサンスの女性作家の先駆者たちに光を当て、18世紀英国の舞台を席巻したスザナ・セントリーヴァについて、我が国で初めて本格的に論じる。第V部では、ロビン・フッド伝説の変容を概観したうえで、日本における受容や歌舞伎との関わりを考察する。広い視野から自在に紡ぎ出された本書は、物語の斬新な読みを読者に提供する。

 

→目次・著者略歴

ヴィクトリア朝期の英国とアーノルド父子
―文学・教育・時代思潮をめぐって―

Miyakawa2011.jpg  宮川敏春 著

  四六判・上製・208頁
  定価2,940円(本体2,800円+税)

  ISBN978-4-284-10326-8
  2011年5月 

  →ご注文

 

本書は、英国パブリック・スクールの再生と繁栄の礎石となったラグビー校校長トマス・アーノルドと、その息子で詩人・評論家であり学校視学官であったマシュー・アーノルドが、ヴィクトリア朝期の英国に与えた影響を文学・教育・時代思潮の側面から捉えなおそうとする試みである。『ソーラブとラスタム』をはじめとするマシューの長編詩を時代思潮に絡めて言及した論考、母語教育を与えることを思想と捉えた『英国における英語教育』に関する克明な分析、『聖ドミニク校五級生』の翻訳など、日本では未開拓な分野に挑んだ先駆的な1冊!

 

→目次・著者略歴

ジッドとサン=テグジュペリの文学
― 聖書との関わりを探りつつ ―

Yamamoto2010.jpg  山本和道 著

  A5判・上製・260頁
  定価4,410円(本体4,200円+税)

  ISBN978-4-284-10211-7
  2010年2月

  →ご注文  →書評・紹介記事

アンドレ・ジッドとサン=テグジュペリの文学を、キリスト教の視点から分析した稀有な研究書!

本書では、この二人の作品を形づくるものに、宗教がどのような影響を及ぼしているのかに照準を合わせ追究した。また、聖書のみでなく、ドストエフスキーとカミュの文学との関わりかたについても言及し、彼らの新しい側面を提示した。西欧文学研究者、聖書を探究する者、そのほか幅広い文学愛好者必携の文学研究書!

 

→目次・著者略歴

ロマン語 ―新ラテン語の生成と進化―

Otaka2009.jpg  W. D. エルコック 著
  大高順雄 訳

  A5判・上製・630頁
  定価9,870円(本体9,400円+税)

  ISBN978-4-284-10178-3
  2009年12月

  →ご注文  →書評・紹介記事

 

2010年 第47回 日本翻訳家協会翻訳特別賞 受賞

ラテン語から生まれた全ロマン語の生成と進化を解説した名著、初の邦訳!

本書は、故ロンドン大学教授 W. D. Elcock, The Romance Languages, 1975(第2版)の全訳である。実証に基づき、文学作品、年代記、証文、法令から幅広く取り上げた実例により、ロマン語(フランス語、イタリア語、カスティリア語、ポルトガル語、ルーマニア語など)を形成した俗ラテン語と中世ラテン語の音韻、語形、統語、語彙を解説、加えてゲルマン語、スラヴ語、アラビア語の影響を解明。20世紀中葉における斯界の研究成果の集大成となる西洋中世の言語文化の総覧である。

 

→目次・訳者略歴